Smart Communication Award 2015に参加してきました

TwilioをやっているKDDI Web communicationsさんは同じビルで隣なのもあり、全日「見学にきてください」と言われたのでホイホイ行ってみたら「どこかのチームに参加しませんか」の流れに。

ニーズのあるチームの中からこれは良いのかもと思ったコメ電話チームに参加することになりました。

各チームの解説は`公式ブログ <http://twilio.kddi-web.com/blog/entry000228.html>`_ にあります。

他のチームのどれもアイデアは素晴らしく、悩んだのですがやろうとしていることに対するサイズが大きめだったり、事前にある程度作って参加されていたりと難しいですね。

結果的に優秀賞とアイマーキュリーキャピタル賞のダブル受賞させていただきました。

../../../_images/twilio_kometel.jpg

個人的にはtwimlを実践的に使う良い予行演習になったのでとても勉強になりました。 やっぱり、イベントに行ってある程度簡単でもいいのでお題がある状態で技術サポートしてもらえる状況のほうが学習コストはとても低くなるというのも新たな発見でした。 今までは、ハッカソンのイベントでは自分がすでにある程度は習得済みの状態で参加することが多く(そういうもんだと思っていたし)、他のメンバーのサポートに時間がもってかれたりして微妙かなと思っていたんですよね。 あとはちゃんとチューターがいるのも大きかったのかも。

興味のある技術のハッカソンはもっと積極的に参加したほうが良いですね。